ビヨンドミートBeyond Meat【BYND】提供、パンダエクスプレスのビヨンドミートオレンジチキンは美味しいと評判のよう。

注目の代替肉メーカー、ビヨンドミートBeyond Meat【BYND】の新たな動きとして、パンダエクスプレスでのメイン商品、オレンジチキンへの供給が始まります。

ビヨンドミートBeyond Meat【BYND】について過去まとめた記事はこちらです。

パンダエクスプレスは1983年にアメリカ・カリフォルニア州グレンデールのグレンデール・ギャラリアに1号店を構え、現在では世界中に多くの店舗を持っています。海外や日本で人気があるメニュー「オレンジチキン」の代替肉として、ビヨンドミートBeyond Meat【BYND】の製品が選ばれたんです。

ちなみに、パンダエクスプレスって馴染みがないかも知れませんが、日本にも展開しているんです。

ラゾーナ川崎とか、グランベリーパークとか、アウトレット系メインですね。世界に1900店舗以上ある、アメリカンチャイニーズを提供する会社です。

オレンジチキンってどんな味?

アメリカ人の作る味って結構、おもしろいですよね。甘いのと辛いのを足してドンと出してくる。日本人が作るような出汁の発想一切なし。

この雰囲気で、オレンジ風味の甘酸っぱいソースに塩味とピリ辛を混ぜた味です。マクドナルドのマックグリドルってご存知でしょうか?あれも変わった味で、塩辛い肉に、バンズにメイプルシロップをダクダクに混ぜたバンズを挟んで、甘いと塩から旨いを足した味。最初食べたときは、えらいけったいな味やなーと思わせるのですが、その後なぜかはまってします。アメリカンテイストって、マジックを感じます。

シェフのAndy Kaoがシグネチャー商品であるオレンジチキンを開発。湖南省の料理からヒントを得て、サクッとした一口大のチキンに絡めた甘辛のオレンジソースが特徴。2014年には約30,800トンのオレンジチキンを提供しその後は看板商品になっています。

2016年11月、日本国内1号店として、ラゾーナ川崎プラザにオープン。日本ではまだまだ知名度はありませんが、覚えておきたい料理です。

このパンダエクスプレスの売上の3分の1はオレンジチキンだとか言われていますが、そのメイン商品に採用されるってのは影響が大きいですね。

7月26日から、ビヨンドミートBeyond Meat【BYND】オレンジチキンが発売。ニューヨークとロサンゼルスの一部の店舗で発売されます。今後のニュースに期待しています。

Panda Express is piloting Beyond Meat orange chicken in select locations – TechCrunch
Just under a week after Beyond Meat announced that it will be releasing a reworked version of its plant-based Chicken Tenders at restaurants in the U.S., the fa...

さて、ビヨンドミートBeyond Meat【BYND】について過去まとめた記事はこちらです。

ちなみに、他に伸びる銘柄をお探しですか?GABUROのとっておきの企業選定手法を下記で解説もしています。参考にしてください。

合わせて読みたい↓2021年おすすめ銘柄

初月から40万円稼いだGABUROがおすすめする証券会社3選